旧 校 歌

作詞  西田喜一

(大正11年5月27日制定)

 


 
 

 オホーツク海の流氷は
    欧露の空の雨雲か
  北の鎮の北海を
    寒風すさみ流る時
  万目すべて凍るなり
    されど我等の校庭に
千古に青き茂みあり
    常盤に茂れる林あり



2 北見の山の残雪は
    満蒙支那の低気圧
  我等の庭の茂みより
    とどの林の彼方より
  昇る朝日に映ゆる時
    山も林もはた海も
  北の鎮の蝦夷が島
    万目すべて光輝あり


3 オホーツク海に程近く
    北見の山に囲まれて
  高き理想にあこがるゝ
    北見健児の意気を見よ
  正義に燃ゆる情熱と
    真理に忠なる勇気もて
  世界の転機劃すなり
    人生の偉業劃すなり

 
ホームへ